神社と寺、信仰について

今年に入ってずっと

書こうかどうか迷ってました

それは、信仰について

偏見を生みそうで、控えてましたが、

書くことにします。


大阪から帰って来て、凄く、不思議に思ったのが、

神社と寺の事

自治区に必ず一つづつ神社があるし、保育園は寺にある

そして、行事は神事と共にあるし、集まりごとは寺の檀家ごとにある


米作りを始めて、はっきりしたことは

自治区は稲作を中心にして、行事や祭りが行われていて、それに神事は付きものだということ

田舎の文化は、稲作中心の文化で、必ず要所で神事が行われている


本当にそれは、よくわかる

人事を尽くしたあとは、神に頼るしかない、

神輿を担いで、踊りを踊って、良い天候を祈願して、豊作を祈願する

稲作は、ほぼ、自然に起因していて、

昔のように水路が整備されていない状況ならば、なおさら、

自然が命を握っているっていっても言い過ぎではない気がします

だから、一心不乱に舞ったんだと思います



そして、田舎の生活は、お寺が中心で、

お寺は、刻をつげ、子供の面倒を見てくれて、冠婚葬祭を司っている

いまだに、葬儀は、土葬時代の穴掘り組でまわしており、

それは、普段の自治区の区割りとは違って、一緒に穴を掘ってた檀家の集まりになってる

生き死には寺の過去帳に記録されるので、

必然的に寺が役所の役割を担ってて、

寺子屋のように、農作業中の間、子供を寺が預かってくれたのか、

保育園は必ずって言っていいほど寺が運営している


6時と17時は寺の鐘が教えてくれてた


今、思い起こせば、

墓の踏めば、足が立たなくなるとか

悪さをしたら、神様のバチがあたるとか、目がつぶれるとか

水神さんと荒神のバチがあたるとか

今ではタブーな、怖い怒られ方をされたものです


やっぱり、日本の文化というのは

神社と寺が中心の文化なんです

そして、そこに、信仰心があって

その上にはじめて、道徳がのるんだと思います


米を作っていて、つくづくそう感じます


それが、今は、無信仰が当たり前のようになってる


神社は、普請する人もいなくなって、寂れてるし

寺は、檀家もいなくなって、あととりもいなくなって、潰れかかってる


まあ、神官もお坊さんも、職業になってて、説得力がなくなって来ているのも
理由の一つかもしれませんが


これは、すごい大事な事だと思います

信仰があって、道徳がのって、

そこに文化が受け継がれていく

稲作を中心にまわっていく


米を作るっていうのは、単なる作業じゃないし

無信仰っていうのは、日本人にとって恥じる事だ


そう思います






すっきりしました、書けてよかった









アースデイとフェスタ

明日20日(日曜日)

二つのマルシェが行われます

中津では、アースデイ中津

別府では、おおいたつくり手フェスタ


宇佐本百姓は

両方ともに出店します

どうぞお越しを


目玉は、昨日もお伝えした

あまざけフロマージュブラン

アースデイ中津のみの限定販売です






そして、別府のつくり手フェスタ

あまざけフロマージュブランはありませんが

わたくしがいます




ご興味の場所へ、どうぞお越し下さいませ



この道の先には・・・

みのりラブラブ


豊かな日本の大地を彩る


素晴らしい「稲穂」ラブラブ

宇佐本百姓の作業日記


この「稲穂」は・・・・・


未来永劫に、引き継がれていくのかはてなマーク



これまで、見えなかったことが・・・・


徐々に、そして、急激に


見えてくる世の中になってきました得意げ



腐敗した政治


お金と権力への執着


一次産業の衰退


薄れていく食への関心


見せかけの贅沢





僕らひとりひとりに・・・・・大きな責任があります汗




この道は・・・・・・

宇佐本百姓の作業日記

この道の先には、一体何があるのだろうはてなマーク


それは、誰にもわかりません。



この道の先を詮索するより


まずは、自分の足元をしっかりみなければいけません!!



例え、今は一人ぼっちでも。。。。


決して、迷ってはいけません。


こんな世の中になってしまったからこそ、


迷わず歩いていかなければいけません。


基本を忘れてはいけません。



足元にあるのは、ひとそれぞれ違うものかも知れませんが、


僕らは、「食」がなければ、立ち上がることさえできません。



当たり前に、「食」していませんか。。。。


「食」が崩壊してしまってからでは、取り返しがつかなくなります。


飢えてしまいます。。。



「食」に携わってください。


「食」を大切にしてください。


「食」に感謝してください。



さすれば、「食」は・・・きっと


人と人を繋ぎ、人と人を笑顔にさせてくれます。


幼少期の人格形成に、大きな力をくれます。


「食」に感謝は・・・イコール「人」に感謝です。


忘れないでください。



きっと・・・・この道の先には


「人」が、「人」らしく生きていくことで


明るい未来が待っているということを



アメンバー募集中

TOKU

農村に移り住んで


はや8年目



農村には


お金、のほかに


もう一つの通貨がある事に気が付きました



それは・・・


『徳』


お堅いので『トク』としておきましょうか



例えば


ひとの頼みを聞いたり


ちょっとした作業をしたりと


わざわざお金をもらう事はありません


でもその人が喜ぶ事をすれば『トク』を貰えます



その『トク』を使うのは


「この前お世話になったね」とか


ハタマタ、忘れたころに 


その人が作った野菜や行為になって使われます



こんな事が頻繁にあるので、


誰にどうしたとか


誰から何を貰ったとか、もうしっちゃかめっちゃかで


わかりません、記憶にございません




でも『トク』の残高があれば


誰や彼やと、野菜やビールとなって使われます



たぶん、作業や頼まれごとだけでなく


日頃の挨拶や振る舞いでも、


少しづつ『トク』を稼げるんじゃないかと思います



気を付けないといけないのが


貰ってばかりで『トク』の残高がゼロになると


こっちが本当に困ってる時も


『トク』を支払えないので、誰も手助けしてくれません



そう思うと・・・


一銭にもならない事でも


その人が喜ぶのなら、いっちょ『トク』を稼いでみましょうか


って気になります



ってな訳で


明日にでも、おばちゃんの畔草でも刈ってみましょうか、ね (チャリンお金



・・・今、自分の『トク』残高はいくら、かしらはてなマーク 

地球交響曲第7番

地球交響曲(ガイアシンフォニー)の第7番を見ました


地球交響曲は話には聞いて興味はありましたが


今まで見る機会がなく


第7番が初めてでした



西村先生の講演の中で


豊かな感性洞察力、自然を畏怖する謙虚

これが有機農業者には要求される


とありまいしたが


その答えのような映画でした



伊勢神宮の月次祭


そこから始まるこの映画は


霊性にスポットがあたっていました



奇しくも、伊勢神宮には昨年の12月に訪れたばかり



日本人は伊勢神宮の天照大御神の氏子であることを、


式年遷宮での日本人の誠心を、


稲の籾種は天照大御神がもたらしてくれたことを知りました




この映画を通して



日本に生まれて良かったビックリマーク


と思い




日本(農村)の文化神道(八百万の神々)

なくしてありえない!!


のだと改めて思い知らされました




お天道様、お月様、雷様に風神さん、竜神さん


皆作祭や夏越祭り、



1年間、お米を作るだけで、


こんなにも神様に関わることがあるなんて。




神社仏閣はコンビニの数より多い、目


ご近所にもいくつの社(やしろ)があることか


あまりにも疎かにし過ぎだと反省しました




日本人であること自体、神道を信仰していて


その最高の神主が天皇陛下なんですわ。


これからも、

お天道様に恥じないように生きていきますわ。

プロフィール

usa100sho

Author:usa100sho
農薬・肥料不使用のしあわせ米

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
1150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
業界情報
277位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム