百姓カフェ、オープン

百姓カフェ、オープンです


どうなることか多少の不安もありましたが、

急な追加やキャンセルもありましたが、

終わってみれば、丁度30食完売です

無理を言って、私たちの分2食を追加して

綺麗に仕込み分もなくなりました。



なにより、なにより

「おいしい」「おいしい」の連発で

皆さん、とても感動していらっしゃいました

やはり、食材×料理=芸術 です


それでは、本日のお品書き

いきます


読めますか?私は読めませんでした


ではでは、あらためまして

梯シェフの芸術品の数々をいきます


まずは、春菊と人参焼き椎茸

スナップエンドウ豆腐

ドジョウの南蛮漬け


続きまして、飛龍頭(がんもどき)のあんかけ

われらが、しあわせ米

香の物と味噌汁

この味噌汁、具がなんとサニーレタスとトマト



最後にデザートとして

抹茶の八ツ橋、こちらもなんと粒あんに甘夏


そして、その素晴らしい料理に彩りをそえるのは

芳賀健太さんの絵

ついでに、なんかへんな車




本当に

関わる人が全てしあわせそうなので

とても充実感一杯で終える事が出来ました



皆様、本当にありがとうございました



早くも、次回開催の案も

何件か出てきています

次回もお楽しみに



最後ですが、

百姓カフェの

本当の名前は

百姓カフェ「USA米CLUB」

はっ、

営業許可申請の時、勢いで書いた名前が


そのまま屋号になってる

ということで

どうぞ皆様、お見知りおきを



イタリアンの巨匠、梯シェフによる和食 in 百姓カフェ

ワンデイシェフの第一弾として

湯布院の無量塔(むらた)の元料理長で

現在は、別府のristorante Fiore(フィオーレ)のオーナシェフである

梯(かけはし)シェフにお越し頂き

しあわせ米と自然栽培の野菜を使った 和食

普段、イタリアンでは実践できない 和食

を料理して頂きます


こんな機会はここでしかありません

どうぞ皆さんご参加下さい


完全予約制ですので、ご参加頂ける方は、メール、FAXにてご連絡を下さい


詳細はこれです



百姓カフェでワンデイシェフ


営業許可の検査が

本日、無事に終了しました

来週早々には営業許可証を頂ける事になりました


百姓カフェの発案が

2012年

2年越しでようやく実現にこぎつけそうです


でも

どう運営するの

ごもっともな話です



実は、不思議な話、

これもさかのぼる事数年前

長野県でコラボ食堂を運営する

NPO食と農のまちづくりネットワークの代表の方が

宇佐本百姓を訪ねて来て、活動内容の話をしてくれました

すばらしい活動でした


それが、ずっと頭の中にありまして


その内容でいくことにしました


それはなにか



それがワンデイシェフ


シェフに百姓カフェの場を提供して

場所代として売り上げに対して手数料を頂きますが

後は、すべてシェフのお好きなように、

一日限りの特別なカフェに


条件としては、

食材にしあわせ米を使って頂く


名のあるシェフは、その店では出来ないメニューを

シェフ志望の方は、実店舗での経験を

ご近所のおばちゃんは、田舎料理で腕のふるまいを

学生やサークルの方は、自由な場で交流を

思う存分とやって頂きたい
 


ご興味のある方は、ふるってご連絡下さい



でも、記念すべき初回のシェフは、あの方に・・・

イタリアンのシェフの本気の和食って食べてみたくないですか


詳細はまだ内緒ですが

完全予約で人数限定

でのスペシャルメニューをご提供



詳細は決まりましたらご連絡します


ワクワクが

ここからはじまり

これからはじまります






本百姓カフェ 「USA米CLUB」

天井が



天井にクロスを貼って


フローリング材の床とシンクを


もったいないけど上からクッションフロアを貼って

中古のシンクとレンジ台を買って来て


厨房の改装がおおかた終わりました

これで

営業許可を申請してみます。


う~ん、通るかなあ?

通れば、

加工場としても利用出来るかもしれないし

本百姓カフェ 「USA米CLUB」の月一営業が可能になります


どうなる事か

チャレンジ、チェレンジです


いいもの販売

自分自信が本当にほしいものを

自分自身がファンであるものを

誰が作っているか知っているものを

その作り方に共感をしているものを


ここでしか買えないものを


宇佐本百姓の中で

陳列して

販売をしようかと思っています


今は絵本が並んでいますが

ここをそんな農産物で埋めようと思っています


こんなところに誰が買いに来るのかと思いますが


だから

最初は

日持ちのするばかり集めて見ようかと思っています



ノーリスクで

売れなければ、自分で食べれば良いんです


でも、

しあわせ米とその加工品

自然農法の番茶とか

醤油とか

無農薬のレモンとか

そんなものがほしくないですか?


逆に、こんなものがほしいと言ってもらえれば

今までのツテを通じて集める事も可能です


”一を始めなければ千も万もない”
(最近のマイブームの言葉)

とにかくやってみない事には、成功も失敗もない



本当に

どうやったら

農村の疲弊が止まる事やら



イベントごとではなく

日常的に気軽に

足を運んでもらえるようなそんな農村になれば良いんですけど




そういえばさっき

しあわせ米の生産者の”おっちゃん”が来ましたっけ

みんな、アポなんて取らずに急にふらりと来て

コーヒーを飲んで帰りました


そんなんが、いいですよね、そんな関係を気づけたら。


というわけでです。




プロフィール

usa100sho

Author:usa100sho
農薬・肥料不使用のしあわせ米

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
236位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
業界情報
61位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム