がんばって(て)の補足

がんばっててはダメの補足

今朝のブログはへばって書いたので、

書ききれなかった点があるので補足します。



この時期の、草刈りはとても重労働です。

それをほとんどの方が自分の父親よりも年上の方がやるんです。


その方達が、草刈りをするなら、

若造は難易度の高い場所に挑まなければなりません。

そうです率先してやらねばなりません。




草刈りの難易度は星4つあります。

ひよこ級 平坦で切りやすい草
ニワトリ級 斜面で平坦から手が届く場所
天草大王級 斜面で斜面に降りて切る場所
グーグーガンモ級 斜面でつる草の生息地



若造が天草大王以上に挑まないワケにはいきません、
にわとりごときに手をこまねいては行けません。
ガンモを見かけたら、ガンモを捕まえないわけにはいきません

むしろガンモ以上の得物を探し歩く必要があります。



そういうワケで、

天草大王、4匹と
ガンモ、2匹を捕まえてきました。

最後のヤツは、ガンモが雑木をしょってました。


力を入れてはいけないと思いつつ、時折、ガンモには渾身で挑みました。


その結果があれです。


よくわかって頂けました?

・・・・・例えが悪かったかなあ?
ニワトリが分かりにくかったかも知れません、次回は牛で例えます。

がんばっててはダメ

今日は、朝から部落の池の草刈です。



農作業は がんばっては ダメ



特に、この暑さでは、がんばったらすぐにへばってしまいます。ショック!



力が入らないようにして、この力加減なら何時間でも作業が出来るっていう

ポジションを探して、作業します。




・・・・・しかし、今日は、部落の草刈り。


この暑さなので、年配の方より、若い自分が動かないとって


つい調子に乗ってがんばってしまいました。



家に帰ってきたら、拭いても拭いても吹き出します、汗が・・・あせる


宇佐本百姓の作業日記

へばってしまい、15分ほど動けず寝てしましました。ショック!ショック!

田んぼの生き物調査の続き

田んぼの生き物調査の岩渕成紀 先生との話をまとめてみました。


長文ですので、時間のある時に読んで下さい。

まじめで長い文章なので絵文字や笑いも省略です。ニコニコ



------------------------------------
まず、一番心に響いたフレーズは、

「土は宇宙である」ということ。


どういうことかというと


土というのは微生物の塊で、
スプーン1杯に1兆個の菌が存在しており、

土を水で洗い流せば、わずかな草木の繊維質、石などの鉱物が残るだけで、
水に流された「土」の本体は微生物である。


それらの微生物の働きで、作物が育まれていきますが、

その働きは、それぞれが相対的に関与し合っていて、

その様や構造は星と星をつなぐ宇宙のようだということです。


また、土の中の微生物の働きは科学的にはほとんど解明せれていない
と他の講演会で聞いたことがあります。

このことからも、土というのは、宇宙と同じ様に深淵で神秘的なものであると言えます。


私の好きな白い農機具、スガノ農機のパンフレットに
「農は人為1割、自然9割」
というフレーズがあります。


土という相手が宇宙なのだから人間ができることなど多寡がしれてる、
岩渕氏の話を聞くとこのフレーズの意味が身に沁みます。



では、その土とどのように付き合っていくかというと


微生物の働きはほとんどわかっていないが、
微生物が活性化する様は科学的に見ることができる


その微生物が活性化するように力を引き出してやる、このことに人為1割を精魂込めて行うということです。




次に、今回の生き物調査で、自然農法の田んぼには、多くの生き物がいることがわかりましたが、
この「生物多様性」とはどういことかということです。


「生物多様性」と聞くと、目に見える生物をイメージしていましたが、


生物多様性にはバクテリアを含む微生物も関係しており、
それぞれが相互作用のネットワークで網の目のようにつながっている。


そのネットワークに中にある
生物は種類が増えるようにできており、
それを悪い菌だとして殺そうとしたら
悪影響になる。


たとえば
ワクチンに耐性を持ったウィルスが出てくるなど、生物多様性のネットワークの中でそのようなウィルスが出てくるのは
必然ということです。


そのため、
悪い菌をゼロにすることは不可能で、どうやってつきあっていくかが大切だ

ということ。


「悪い菌」を「雑草」「害虫」と置き換えても非常によくわかります。


また逆に、

生物多様性、多種多様な生物のネットワークが存在するは
、その生物の種類が多ければ多い程、外部からの傷害に強い。


たとえば、
ウンカ等の害虫が稲に付く場合、様々な生物が存在するということは、
天敵となる生物もそこに存在するため、ウンカだけが大量に発生するということはなくなり
被害が少なく済むということです。



結局は、
「何かを殺して自分だけ生きようとすることは出来ない」

「共存」です。




では農業とはなにか?


農は自然と一体化しなければならない。


人間も生物多様性の中に存在してうるので、
人間の手を加える事も大切なこと。


自然と言ってほったらかしではなく、精魂込めて人の手を加える事も必要なことだという事です。



水田でいうなれば、

「土は、何かを投入する事で、出来るのではなく、水と耕すタイミングで出来てくる」


そのタイミングに手を加える。

それだけで、肥料や外部から資材を用いることなく、土は出来てくるという事でした。




最後に、大切は事は、


田圃がいっている言葉をどう聞いていくのか、
それを聞く耳と態度を持つこと。
生物や植物と対話を行うこと。


生き物たちが命を育みながら存在していかなければならない。
そのためには、「草」や「虫」ではなく、生き物の名前をきちんと呼んであげる事だ。


ということでした。


最後まで読んで頂きありがとうございました。

休日

今日は

ほーーーんとうに久しぶりの休日でした。ニコニコニコニコニコニコ




宇佐本百姓は有限会社なので、水曜と日曜日が休日です。祝日




しかし、今年は、冬に雨が多くて、田んぼの準備が田植えギリギリまで終わらなくて

すぐに田植えに突撃


田植え後  叫び

除草作業  叫び叫び

畔草刈り  叫び叫び叫び

タニシ取り ドクロ


休日返上、労働条件お構いなし、休みなしで農作業に取り組んできました。


除草作業の隙間で、1日の休みはあったのですが、

雑務や田んぼの水管理となんやかんだと

気の休む時がありませんでした。


(特に今年の苗ちゃんは手がかかりました。)




本当は、まだ田んぼの溝切作業が残っていますが、


ようやく田んぼの稲も安心して見守れる状態になりつつあります。




その稲をみて、張りつめていた気持ちが、プッツンときれて、

久しぶりに心底休めることができました。ニコニコ


まったりと。




9時くらいまで、布団にいて、ぐぅぐぅ


本当の疲れが出てしまい、12時までソファーで寝てしまいました。ぐぅぐぅぐぅぐぅ


「カフーを待ちわびて」って映画を見て、


母の見舞いに病院に大分市内まで行って、(運転は弟でしたので)
道中は、車の後部座席で爆睡ぐぅぐぅぐぅぐぅぐぅぐぅ 干物のように。



帰ってきてからもドラマを見ながら、寝転がっていました。


ドラマの中で、縁側で2人でビールビールをおいしそうに飲むシーンをみて 


フカミン(妻)とビールを飲んで、1日の終了です。


張りつめた糸が切れたようで、明日、田んぼに戻れるか心配です。



かかしはビール350mlが致死量なのに、500mlを飲んでてろてろ づす。ドクロドクロ

(きーぼーどがよく見えません・・・)

田んぼの生き物調査

NPO法人田んぼ理事長
岩渕 成紀 氏の


田んぼの生き物調査 ねこへび


の研修会に参加してきました。



研修場所は福岡で自然農法を営む 樽海さんの圃場。




うちの田んぼでも、今年は、ホウネンエビやカブトエビがいましたが、


田んぼ(水路も含め)にはそんなに生き物はいないだろうと

思っていました。



しかし、

見方を知らないだけでした。



フグ からミジンコ、カエルカエルにトンボ、クモ、ゲンゴロウにガムシ、害虫のウンカやジャンボタニシ、
それからサギなどの鳥天使



宇佐本百姓の作業日記



それぞれにも、何種類かあり、

結局、全部合わせて50種類の生き物が生息していました。


驚きです



宇佐本百姓の作業日記



岩渕先生の話では、慣行農法の田んぼでは、農薬を使うため30種類くらいで

農薬を使わない田んぼでは60種類を超えるところもあるとのことでした。目




生き物調査と聞いて最初はピンとこなかったのですが、


網を片手に、田んぼの中で生き物を捕獲するために格闘するさまは、


子供に戻った感覚で、かなり楽しかったです。



また、人の田んぼに入るのも、なかなか新鮮で、その主人を語ってるようで、興味深々でした。
(かなり立派は田んぼでした。)




調査方法を学んできましたので、われらの田んぼでも調査をしてみたいと思います。



しかし、一番面白かったのは岩渕先生のお話です。

調査の前日、ホテルでビールを飲みながら語り合った話は、かなり面白かった。


「田んぼは宇宙と同じです。」



長くなるので、その内容はまた後程・・・

大豆の種まき

タニシを取ってプンプンプンプン


田んぼに水をはって波波


とりあえず田んぼの作業はもう少しで完了です。ニコニコニコニコ

(残作業は溝切りと畔際の草取りです。)




その前に、

大ちゃん(大豆)の種まきです。



大豆は、撒いた後に雨に当たると発芽しなかったり生育不良になるので、

梅雨が明けるまで待ちます。晴れ晴れ晴れ




今年は特に雨が多く、雨雨雨

梅雨が中々明けなかったので、

ようやく、種まきです。



天気予報晴れくもり雨雪


にらめっこしながら、急遽1ha(10000㎡)の畑を一日で撒くことにしました。




その前に、

排水波が第一ですので、スガノ農機さんからハーフソイラを借りて来て

耕盤破砕をして水はけの良い畑にします。


(ハーフソイラは、耕盤を破砕するための作業機で、石や下層土が表層にあまり上がりません)



使用前
宇佐本百姓の作業日記


使用後


宇佐本百姓の作業日記


かなり深くまで、土に入っていきます(50cm位入ったかなあ)



宇佐本百姓の作業日記


ハーフソイラをかけながら、もう一台のトラクタで(かかし父が)
種まきを行い無事に半日で終了です。チョキ








これが、大豆畑の様子です



空



・・・・・って


まる米がいないので、作業中の写真が撮れませんでした。



なぜって、ハーフソイラに集中してたんだもん

気が付けば作業が終わってた・・・・・しょぼん

全部撒いてしまってた・・・・・しょぼんしょぼん

播種機を付けたトラクタが倉庫に戻ってた・・・・・しょぼんしょぼんしょぼん



上の写真も作業後にブログ用にもう一度、畑に行って撮ってきました。ガーン



・・・・・まる米さん帰ってきて、早く

ジャンボタニシと決闘

今年はジャンボタニシの当たり年いて座


タニシは田んぼを耕やす事で死んでしまうのですが、


冬に雨が多かったために田んぼを耕す事が出来なかったせいか?



でも、8割方は水路から入ってくるので、水路で例年より多く越冬したのか?


原因は分かりませんが当たり年です。いて座いて座



初めは、今年も苗が丈夫なので、あまく見ていたのですが、べーっだ!


あまりにも苗を食うので、途中から除草作業の傍らで、


捕まえては、指でつぶしていました。プンプン




わが子(苗)の前で殺生とは、最初は気が引けてましたが、


こうもわが子を食い散らすとは、しかも食うならきれいに最後まで

責任を持って食べれば良いものを
プンプンプンプン


葉っぱの途中から噛み切って、そこでポイして、次の子に手を出すプンプンプンプンプンプン


人道に反した行いに(タニシですが)、堪忍袋の緒が切れ、


捕まえてはブチブチしていました。メラメラパンチ!パンチ!パンチ!




しかし、あやつもさるものながら、時折、その殻で刺違えに出てきます。


殻が指に刺さり、田んぼと作業着が夕日のように血に染まったこともありました。夜の街


(・・・・・まる米は夕日が好きだったなあ)しょぼん





生傷が絶えないので、その場で潰さずに、バケツに入れて田んぼから出すように作戦変更です。



というわけで、


除草作業が一段落したので、ローラー作戦でタニシをみんなで拾ってまわりました。



宇佐本百姓の作業日記




これが拾ったタニシ




宇佐本百姓の作業日記


ひどい田んぼでは、この10倍くらい、一枚の田んぼでバケツ6杯くらい取れました。




こんだけいたら、いくら植え継ぎしても一晩でまたなくなるはずです。


来年は植え継ぎの前にタニシを取らないと・・・悔しいですが、来年の教訓です。しょぼん





まる米の最後の仕事はこのタニシ取りでした・・・


気温35度くらいの中で・・・


こんな感じで・・・(こ、これが出て行った原因??、こき使いすぎ目??)




宇佐本百姓の作業日記




拾ったタニシをどうするか、得意げ




踏むんです。叫び



軽トラでドクロ



残すとまた田んぼに入ってくるんで叫び叫び叫び



まる米について(別バージョン)

新天地へと旅立ったまる米。


もうまる米はいないと頭でわかっているつもりですが、

朝の事務所に行くと、あれ、まだ来ていないんだ。

と思ってしまういます。



一番先に事務所に来て、温かいコーヒーを入れてくれていたまる米。コーヒー


もう事務所にはその匂いはありません。




・・・・・彼の机に行くと、彼のつけていた香水の残り香が・・。




もう、枕を涙で濡らすことはないと思っていたけど、

ずるいじゃない、こんな忘れ物をするなんて。



「・・・あなたに逢いたい
いまこの胸の奥で叫んでいるよ」


福山雅治が milk tea を私の頭の中で歌います。


あなたにもらったものはコーヒーだけど・・・。




わたしは、あなたがまた振り向いてくれるように、

いい大人になると誓います。


もっともっと成長していきます、あなたが大きくなって戻って来たときに

不釣り合いにならないように、背伸びしなくてすむように。




だから、私のことは心配しないで下さい。

あなたは、別の人を選んでしまったのだから。


汗汗・・・ううっ、もう泣かないって決めたのに、

違う違う、これは涙なんかじゃない、ちょっと目の下の汗が多く出ただけ。



汗は、枕に落とすもんじゃない、田んぼにおとすものよね


さー、あしたも暑いけど田んぼにがんばります。

・・・きっとそれも彼が望んでいることだから。


                   かかし リボン より 




宇佐本百姓の作業日記-まる米
       愛し日のまる米

まる米について

先日、まる米から報告があったように、


まる米は、修行のために宇佐本百姓を離れることになりました。


彼のことですので、修行先の新天地でもかなりの活躍をする事と思っています。



残された私たちも、少しでも早くまる米が戻ってこれるように、

宇佐本百姓を大きく成長させる努力していきたいと思っています。



ブログについても

彼から説明があったように、なるべく更新を心掛けて行きますが、


彼一人が減った穴は大きく、農作業の間に書きますので、今までのように

更新したりペタを行うことができませんので、どうぞご了承下さい。


引き続き、私たちのブログをどうぞよろしくお願い致します。



かかし




宇佐本百姓の作業日記-まる米
    一緒に働いたいた頃のまる米

報告!

ど~もラブラブ


宇佐本百姓・・・・まる米です音譜


ここ最近・・・ブログ更新しなくて、申し訳ございませんしょぼん



実は、大切なお知らせがあります汗



今後、本ブログは継続して、更新していきますが


あくまで、農作業がが主体となりますので


これより不定期更新とさせていただきます得意げ



また、ご好評のメールマガジンについても同様に


不定期更新となりますので、よろしくお願いいたします。





自然栽培、農薬、肥料を一切使わない農業での


頂点を目指し、邁進するために日々・・・・・田んぼへの出動回数が


増えておりますので、ご了承くださいしょぼん



本日をもって・・・・・・このブログ・・・・・・・あせる


まる米が更新することが無くなります叫び


以後は、社長である「かかしさん」が更新しますので


これまで同様のご自愛をよろしくお願いいたします。


まる米は、これよりしばしの間・・・・


修行に出たいと考えておりますので・・・・


復活するその日まで・・・・今しばらくお待ちくださいませラブラブ



ではでは、今後も


宇佐本百姓及び当ブログをよろしくお願いいたします



まる米


ペタしてね

プロフィール

usa100sho

Author:usa100sho
農薬・肥料不使用のしあわせ米

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
113位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
業界情報
34位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム