年末調整

このところ

ずっと

自宅で安静

病院でリハビリ

してます


簡単な事務作業は、自宅のノートパソコンで作業してます


でも、ブログとなると

写真の加工が付きまとうので

デスクトップでないと億劫で

でも

2m先の

デスクトップに向かって座るが大変で


人間、足一本動かないと、こうも不自由なのかと

左足一本で体を支えるのがこんなに大変なのかと

右足さんへの感謝を感じながらも


デスクトップから遠ざかっていました



それで


今日は年内最後の平日

行政や金融機関も仕事納めになるので

年末調整だけはやっておかないと

っていう事で久しぶりに事務所に座ってます



本当は、年内中にもう一回田んぼに入らないといけないんだけど

天気も悪く入れない

12月16日がラストチャンスだったのか

もう一回くらいチャンスがあるのか

外に出て田んぼを見ると、気がかりが募ります


それで

年末調整

今は、給与ソフトがかなりやってくれるので

楽になりましたが

年に一度の事なので

所得税の還付のやり方など

ほぼ忘れてます


年末に動かさないといけない

仕訳を確認して

これで終わり


これで仕事納め


でも

田んぼにもう一回入らないとなあ


窓の外に見える、余所の田んぼを見て

自分の田んぼが気がかりです







横浜の講演終了

横浜の講演は無事に終了しました

って

足のふくらはぎが肉離れしてたので

松葉杖をつきながらだったので

多少、有事になりました、が

それはさておき



農民は日本の信仰と文化と自治を守る要だ

農村を守るには、企業より農民だ

それには自然栽培だ


ってな事を話してきました


と講演の話はこれくらいにして


主催者の方より

多大な お・も・て・な・し を受けました

なのでそれを紹介


まずは

行きの機内の中から富士山がバッチリ



伊豆半島から、房総半島を回って羽田に降りたので

富士山を180度、グルッと周遊する感じで

ずっと見えていました



そして、連れて行って頂いたランドマークタワーの展望台からも


そして、シーバスで横浜湾のクルージング



昼食は、中華街の萬珍樓で頂いて

足(杖)を伸ばして

いざ、鎌倉へ

大仏様にご挨拶をして


宇佐と八幡宮繋がりで

鶴岡八幡宮へ


大変、充実した2日間でした








帰って来て、即、病院へ

即、MRIへ

結果、筋肉断裂で内出血

もうすこし血腫が大きければ手術が必要でした



こう書くと

横浜の方が見ていたら心配するので

間違いのないように書くと


この週は、

14日、15日の横浜の前に、

11日、12日に長崎出張

13日に大分市内

と出張が続いていた事と


それから、最初から

MRIを撮っていれば

たぶん、同じ診察所見だっと思うので

横浜もその前の長崎出張も

行けなかったと思います


なので、横浜に行ったから

そうなったと言うことではないと思うので

ご安心を


むしろ

講演後の

横浜の皆さんの反応を

すごく嬉しく受け止めています

行って良かった、横浜


生産者として

こうやって消費者の皆さんと接する機会は

とても重要ですね


話すのは苦手ですが

今後もこういう機会は大事にしたいと思うます

以上です





横浜で講演

このところ、パソコンに向かうも

ブログまで手も頭も向かなかったのは

15日にある横浜講演の原稿のパワーポイントを作成してたためです


九州を離れ、本土での講演ということで

気合いを入れて、今までの話とは一から原稿を作り替えたので

思った以上に時間が掛かりました



今回は、妻と子も同伴でご招待頂いたので、14日、明日の未明より出発です


なので、リハーサル出来るのも今日が最期、、、

うう、もう緊張してきました


妻は、講演について行くのが夢だったとか・・・

もっとしゃべりが上手ければ、その夢に乗っかるのも楽しいでしょが、

執拗に準備をしないと喋れない性格なので、事前準備が大変です



うう、現実逃避はこの辺で

最終校正に入ります


おまけに、右ふくらはぎの肉離れになって、

松葉杖をつきながらのフライトです


・・・また、近況報告します。



(いつもは、ポジティブに締めくくるように、心がけてますが、

  今回は・・・これで、おしまい。)


すぐれものの麦の播種機

麦の種まきを行いました

先日のプラウ後に


ハーフソイラで排水対策をして

バーチカルハローで播種床を仕上げて

その後に種まき


今年はこれ

タバタのグレンドリル

福岡九州クボタさんから貸してもらいました


つい最近まで

田端農機具さんと福岡九州クボタさんで取引がなく

クボタの営業マンもタバタの機械は知らない状態でした


そんな中

知り合いから、この機械を紹介してもらい

問い合わせてみると

たまたま、実演機が近くにあるという事で、

日程調整をして貸してもらう事ができました



何がすごいか

それは、直送式の播種機で

播種速度が4~6km

結果的に1.6haの種まきが4時間で終了


そしてもう一つ、30~50馬力で引っ張れるって事

それから、価格も通常の播種機とほぼ一緒


今、

何の作業をするにしても

機械ありきで作業を行う時代から、

農法と作業ありきで、機械を選択する時代に変わってきているのを

ひしひしと感じます


たぶん、手植えの時代から田植機が出たような

劇的変化が

農業機械と

農法に

おこるの時にきていると思います










大分から滋賀から豊橋へ

11月29日から

12月2日の本日まで

2トントラックで

滋賀県までお米の納品に行って来ました


滋賀県まで行ったので

そのついでに

愛知県の豊橋まで

足を延ばし、

お得意さんである

自然栽培の農産物の通販を行っている

「そら」さんのところに視察に行って来ました




そらさんのホームページこちら

通販サイトこちら

クリックしてみて下さい

かなりの品ぞろえでしょ、どれもこれも自然栽培ですよ




基本的に、一緒にお仕事する方とは

会って話をするように心がけていますので、


そらさんとも

長年、お米を仕入れて頂いていて

面識がなかったので、

ずっと会って話がしたいと思っていました


今回、

渥美半島の先っぽで

思ったより遠かったですが

来れてよかった






トラックで豊橋は、

さすがに疲れましたね



今日は、ゆっくりして

明日からは麦まきです











プロフィール

usa100sho

Author:usa100sho
農薬・肥料不使用のしあわせ米

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
1373位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
業界情報
316位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム