このまえの続き、自然栽培の経営の話

この前の話の続き

この前は地域の話だったので、

今回は、経営の話
スライド02 


反当たりの収量の上げる事ももちろん大事なのですが

でも、経営面で行けば
反収が半分でも、その2倍の面積を同じ時間でこなせば
それは同じ事です

むしろ、自然栽培の面積が倍になるので、環境保全の面からすれば
反収半分で面積2倍の方が良いくらいです


面積2倍をこなすのは、効率化と機械化による規模拡大
スライド07 

で、機械化と効率化ともう一つ経営的にメリットが大きいにのは法人化

それぞれの説明は後で


機械化はなにも、機械を買って借金を増やす事だけではなく、
その機械で仕事をすれば良い、作業の受託です

コンバインなんかは、価格が高すぎて自作面積だけではとても元を取るのは難しい機械です

また、ウチでよく出るレーザーレベラーですが、これも高い機械ですが、
しこなせないくらいよく頼まれます

今日も、受託で1町くらい作業をしてきましたが
市の標準料金より格安の15,500円/反で受けているのですが、
今日一日で155,000円です


スライド08
次は効率化

よく機械が高いので中古にするとか
そんなに大きい機械はいらないとかいう話を

特に有機の世界ではよく聞きます

確かに、自給自足的な経営を目指せば正解だと思います

でも、外販を目指して行くと別だと思います


まず、法人にしろ個人にしろ給与を支給するなら

その給与、
それと社会保険や会社の維持費の管理費で、給与の2倍くらいかかるとすると

なにもしなくても給与の2倍は人件費として刻々と消費されて行きます

給与が15万だと2,000円/時間

なので、手間暇も大事ですが、かけ過ぎるととんでもない高い農産物になってしまいます

これを安く売ってしまうとどんどん苦しくなります


もう一つは機械ですが、

中古の機械、
小型の機械も良いですが

時間あたりの仕事量を計算すると
大型で作業スピードが速い機械の方が
結果的に安くなります

また、農機具はいやらしくて
新品購入の時はとんでもない値引きをしてくれますが、

修理の時は、ビス一本請求されて、しかも値引きなしのプラス工賃がかかるので
修理代はとんでもなく高いです

中古を買うなら、自分で部品を手配して修理出来るスキルがないととても合うものではないです
  スライド10

はい、次は法人化

特に有機・自然栽培の世界では、農協が相手にしてくれないので
かなりの範囲で自己資金で対応しないといけません

でも法人化すれば、社会的信用により、金融機関に融資が受けられます

最近では、銀行も農業に視野が向いているので、
銀行さんの方から融資の提案をして頂けます
 
なので、農業者はみな経営者なので、
どうせなら法人化した方がメリットはあると思います

スライド11 

就農当初、冗談半分で、
「いつか米で家を建てて、ベンツに乗って田んぼに行く!」と言ってましたが

不思議と、
35年ローンで家が建ち、アウトランダーPHEVに乗ってます
言ってみるものですね

スライド12


今日はおしまい、またいつかに続く 

しあわせ米のあまざけ


本当は2月に完成の予定したが

大幅に遅れて5月に完成

遅れた理由は、蔵元の麹室の新設工事


現材料がしあわせ米のみで

麹もしあわせ米を使用しています

このために、他のあまざけと違い

生の糀を蔵元で仕込んでもらってます


今回、その新設工事の遅れと
出来上がった後も、杜氏が納得のいく糀が出来るのを待ったために
甘酒の完成が遅れてしましまた


しかし!

新しい麹室で環境が改善された事もあり

杜氏も驚くほどの

おいしいあまざけが出来上がりました


早速試飲しましたが、今までのよりさらにおいしくなっていて

杜氏が驚くのもわかります


最近、ビールの代わりに甘酒を飲むのが半ば習慣になってきました

で、空瓶が今日も一本追加されました

IMG_0778.jpg


さらにおいしくパワーアップしたあまざけをどうぞ

もすでに大瓶(900ml)の赤は売り切れてしまいました、

小瓶(500ml)の赤と青はまだあります

お早めにどうぞ!

レーザーレベラーで整地作業

日の出と共にレーザーレベラーで整地作業


IMG_0770.jpg


レーザーレベラーで整地作業って?


レーザーレベラー、
説明します


畦際の三脚にレーザーの発行器を立てまして

トラクタの後ろにレーザーの受光器がありまして

発行機と受光器はいつも同じ高さになるように

トラクタの油圧で常に上下します

IMG_0774.jpg

それで田んぼに出来てるくぼみに

IMG_0771.jpg

田んぼの高いところの土を削って

土を抱えて行って


IMG_0772.jpg 

低いところで土が落ちる

って具合です

IMG_0773.jpg


これを田んぼ一面で繰り返して行って

常に土が落ちずに引っかけて走ってる状態になるようにします

土が落ちてしまうって事はまだそこが低いって事なので

レベルを下げてまた全面を走り直します



最終的な仕上げのレベルが何センチってわかっていれば

そこに設定すれば、一発で完了ですが

そこは勘に頼るところなので

だいたい2〜3回で的中します


だいたい、3反の田んぼを1時間から1時間半

残りあと21枚、明日あさってで仕上げます!!



種まき終了!!

種まき終了

本日は4件で

1900枚でした


今回は、

5日間の浸水で

ちょうど積算温度100度

IMG_0768.jpg

ちょうど100度になるように

催芽をポチッと

IMG_0767.jpg 


いい感じに芽出しが出来ました

冷水で洗って

脱水機かけて種まき開始です

18595259_1310873225660301_200859942787398773_o.jpg 


2件分

1600枚ほど並べて終了

18558625_1311034622310828_5783414896075820571_o.jpg


その後

6反ほど

レーザーレベラーで整地作業

さあ明日から

整地作業に専念です、雨までに終わらせます!!

IMG_0769.jpg 

Saigenji ハミングバードlive in幸せおひさまカフェ

いよいよ日にちが近づいてきました

Saigenji ハミングバードlive in幸せおひさまカフェ

5月28日


農業 × 福祉 × 音楽

ただの農業ではなく
ただの福祉ではなく
ただのライブではない
それぞれの融合です

農福音

このようなイベントは始めてですが

このイベントから
まさに農の福音に
皆様の福音になることを願ってます

本当に凄い方らしいので、

本当はホールでやるような方なので

本当にウチで良いのかいまだに疑問ですが

このチャンスをぜにご一緒に

まだチケットがありますのでどうぞお越し下さい

詳細やお申し込みはこちらFacebookページ

どうぞ一緒に楽しみましょう!




ーー以下、Facebookページからの引用ーーーーー


Saigenji/西元寺哲史(サイゲンジアキフミ) 
プロフィール 1975年広島生まれ。沖縄~香港~沖縄~東京育ち。
9才の時に「コンドルは飛んでいく」に感銘を受けケーナを始める。南米の民族音楽フォルクロ-レやブラジル音楽を中心にSOULやJAZZなどありとあらゆる音楽を飲み込みシンガーソングライタ-。
これまでにMISIA、MONDO GROSSO、冨田ラボ、今井美樹、アン・サリー、平井堅等にゲストボーカルやギタリストとして多数参加。 Saigenji名義では現在まで8枚のオリジナルアルバムと1枚のベスト盤、1枚のLive盤をリリース。 2005年の第4作『ACALANTO』はリオデジャネイロ録音で、最先端のブラジル音楽を代表するサウンド・クリエイター、Kassinをプロデューサーに迎え、現地ミュージシャン、エンジニアと共に制作。海外でのLiveも積極的に行い、これまでに、パリ、シンガポール、韓国、バンコクで公演。 2012年11月、アルバムデビュー10周年作品となる、渾身の弾き語りアルバム「ONE VOICE,ONE GUITAR」をリリース。昨年11月には「ACALANTO」発売10周年盤をカシンによるリミックス1曲と未発表ライブ音源5曲の計6曲のボーナストラック収録のデジタルリマスターでリリース。
[オフィシャルウェブサイトhttp://saigenji.com]

5月28日(日)
15:00~(14:30 開場 16:30 終了予定)
前売り 2000 円 当日 2500 円
(小学生 1000 円 小学生未満無料)

「障がいのある人もない人も
赤ちゃんもお年寄りも
それぞれの違いは
互いをつなぐ宝物」

色んな方に気兼ねなく来ていただき
一緒に楽しみたいと思います。

※バリアフリーのトイレ、スロープあり
主催:ハミングバード LIVE 実行委員会  協力:宇佐本百姓
連絡先:
fbメッセージもしくはshiawaseohisama@icloud.com 090-4518-3822(杉木恭子)
※できるだけメッセージやメールでお願いします

Saigenjiハミングバードワルツ→
https://youtu.be/
HaR39EaxWj4

種まき一回目

種まき一回目が終了

、、、、、写真を撮るのを忘れてしまいました

2回目の種まきの時にはちゃんと写真を撮るようにします


なんせ、前回の投稿のように一番神経を使うところで

稲作のノウハウの大半は種まきにあると言ってもいいくらいです


特に今回は70gの薄蒔きに、

4〜5葉(葉っぱの枚数)の苗を目指しているので、

ほぼ種まき機の種が落ちるところにつきっきりでした


おおいた有機農業講座で種苗を担当するので

考えを整理するうえでも落ち着いたら詳しく書き込みをします

今年は、まだまだ田んぼ作業も山積み

19日は2回目の種まき


なかなかですが、そこさえ終われば稲作りの半分は終了

なので、丁寧に行きたいと思います


昨日も寝落ち、今日はなんとかここまで持ちました、おやすみなさい。




温湯処理から浸水から催芽からの種まき

あれ?今日は何日?

このところ本当にやることが多くて

一日に田んぼを6町耕したり

軽トラ14台分の土を取ってきたり

苗箱3000枚に土を入れたり

と、昨日は、ブログを更新する間もなく寝落ちしてました

今日は14日?昨日はブログを書いたっけ?

ってな感じです。


というわけでで今日の作業

まず温湯処理

この前は半分行ったので
今日は
残りの半分1000枚分の温湯処理

60℃10分のお湯に種籾を浸けて殺菌です

IMG_0749.jpg


とりあえずコンテナにブルーシートで水槽を作り


 IMG_0753.jpg 

温湯処理後の種籾を浸けて起きます

IMG_0750.jpg 

それでこちらは、

前回温湯処理をした分を再び浸水

温湯処理と機械を兼用なので

温湯処理の後に浸水を再開です


シャワーで水が循環するので

水が酸素不足にならずに

種籾がほぼ積算温度によって催芽に向かいます

でも、それでも発芽にバラツキが出るために

最後の最後の半日で水温を32℃にあげて発芽を揃えて行きます

IMG_0755.jpg 


その計算が下のホワイトボード

あ!これは今日14日の分の推移

この前の分は

左に切れかかってますが

毎日毎日種籾を見ながら検討した結果

予定より一日ずらして

14日の23:30に32℃にあげて

15日の6:00か7:00に発芽を見ながら催芽を完了する予定です

IMG_0756.jpg

この1日が本当に気を遣うところで

ベストの状態に持って行くには何時に温度を上げて

何時に出すか

本当は寝ずの番をしたいところです

今回の分は本当は温度を上げなくても積算温度が、、、、、、

長くなるので、書くのをやめますが

深い思案の結果23:30です


さあ、明日はいよいよ種まきです!



 

苗箱の土入れ

苗箱の土入れを行いました

宇佐本百姓の分が2100枚

周りの自然栽培の農家の分が900枚

全部で3000枚です

下の写真の一枚のパレットに240枚づつです


IMG_0745.jpg


種まき機が

一時間400枚の性能なので

朝8時から始めて16時に終了



田んぼから軽トラックで14台分取ってきた土が


IMG_3422.jpg


この位に、ほぼピッタリでした


IMG_0743.jpg

残った土は娘の砂場になります


まず土だけを入れて

種まきは15日と19日の予定です

ライザップならずライスアップで体を絞りたい人は

種まき体験にどうぞ、今なら無料です(笑)


雨の後に雨の前に耕す

明日は雨の予報なので

出来るだけ耕そうと朝から田んぼ


しばらく晴れ間が続いて田んぼがよく乾いていたのですが

ショックな事、一昨日にけっこう雨が降ったので

様子を見ながら

乾いて来てる田んぼから9:00に開始



こうやって

バーチカルハローで


IMG_0740.jpg


土くれを細かくしていくのですが

なんとなんと

それまで乾き過ぎていて縦横2回耕さないと

土くれが細かくならなかったのですが

雨のおかげで

ほどよく湿っていて

一回で細かく砕けます

IMG_0739.jpg 


つまり今までの半分の時間で作業が進みます

ということは

残り6町5反

一反10分で行けば650分

11時間で終わってしまいます

9時からだと20時

しかし、
今日、19時から長峰地域づくり協議会の会合があるので

リミットは19時

もうちょっと飛ばせばなんとかなるかも

IMG_0741.jpg





というわけで朝起きてから飲まず食わずで

10時間

18時40分に

6町5反が完了!!

凄い!

ここまで1日で耕したのは初めてです!


IMG_0742.jpg

雨のおかげで

雨の前に完了する事が出来ました

雨に感謝で、、でも明日はあまり降らないで頂きたい(笑)、です。

地域についての自然農法の役割

一昨日、自然農法に興味のある青年にレクチャーをしたので
その内容をちょっと紹介します

話した内容は、地域・経営・ビジョンについての3つ

スライド02 

ますは地域の話から

大阪でのサラリーマンのやめて
大分県宇佐市木部に帰ってきました

そして就農して驚いたのは「自治」について
行政の最小区分は市町村で
てっきり宇佐市が全てやってくれるものだと思っていました

ところが

家事がおこれば地域の消防団が出動するし
河川の氾濫も消防団
用水路の補修や地域の保全を行うのは自治会で
最小単位は自治会で
自分たちの地域は自分たちで守っているんです

そしてそこで大事なのが農民
サラリーマンは平日いないので、
何かあってすぐに動くのは農民や自営業の方なんです

だから地域に農民は不可欠で、地域は農民が守っているんです

スライド03 

そして、
各地域にはかならず産土神の神社があって
稲作を中心とした神事行事によって回っているんです

また、盆踊りや冠婚葬祭

盆踊りは初盆供養のための踊りで
葬儀の際は、昔は土葬なので穴掘組が残っていて、
その組で受け付け業務やお世話を行っています

つまり、
農村は稲作の文化で神社仏閣を中心に回っているんです

スライド04 


つまり、
地域には稲作を行う農民が必要不可欠で

環境文化を守るには自然農法が必要で

逆にいうと、自然農法に取り組むという事は

日本を守るっていうことです

スライド05 

したの色つきは自然農法の田んぼや
うちが受託に入る田んぼ

目標は、色つきを増やして行き
この地域を自然農法のモデル地区にすることです

スライド06 


今日は、ここまで。

プロフィール

usa100sho

Author:usa100sho
農薬・肥料不使用のしあわせ米

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
業界情報
11位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム