FC2ブログ

有機JAS継続検査のつづき

有機JASの検査って


何をするかというと



圃場と農産物に汚染がないか


っていうことを


圃場から出荷先まで


記録により追跡


検査員ので確認すること




それから



検査員の聞き取りで


生産者が有機JASの規格を理解していることを


調査することです



理解不足だと、良かれと思い間違いが起こってしまうからです



っていうのは簡単ですけど


これを調査するには、


書類の山です



こんな感じで


宇佐本百姓の作業日記

もちろんこの書類を作るには


日ごろから


作業記録や機械の使用記録を


手書きで


付けてるわけですが


それを見やすいように


上記の書類に転記しないといけないわけで・・・



確かに書類を追えば、


どのような生産工程をたどったかは


一目瞭然なのですが、


その書類の整備が、これまた一仕事あります




・・・みなさん、スーパーでJASマークを


見かけたら、そのような苦労と


その苦労の上で安全が成り立っていることを


思い出して下さいませ ビックリマーク


宇佐本百姓の作業日記

コメント

非公開コメント

プロフィール

かかし

Author:かかし
農薬・肥料不使用のしあわせ米

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
122位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
業界情報
43位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム