FC2ブログ

土のこと

放射能汚染により堆肥の使用すら危ぶまれています



しあわせ米は無施肥


その田圃の稲わらのみを使用するので


今回の農水省の通達には


問題にならないのですが・・・



ですが、今後、放射能は降り注ぐ事になると思います




そこで、



そもそも「土」とはなんだ?


考えてみます




古代文明よりもはるかに昔


農業革命によって


原種から栽培種が作られ


農耕文化がスタートしました



そんな太古の昔から


人々は作物を栽培しており


土とは


何も施さずとも


恵みをもたらしてくれました



母なる大地


まさに万物が生成される源といってもいいものです




窒素固定、大気中の窒素を作物が取り込めるようにする


細菌もいるし


雷や紫外線によっても窒素が土壌に降り注ぎます



土には作物が栽培されるのに必要なものは最初からそこにある



本当に清浄化され、生物の多様性が存在するならば



放射性物質、放射能という未知なものが降り注いだとしても


その多様性により


耐性を持つものが現われ


無害にできるかもしれない




母なる大地にしてみれば


空き缶を捨てられるのも


肥料として物を施されるのも同じかもしれない




その「土」本来の力を信じて


多様性を取り戻すように清浄化することが


今一番必要なことかもしれません


土のことを真剣に考える時期なのかもしれません

コメント

1. 無題

地産地消の「地産」の意味が「土地を産む」にも通じることを感じました。
その土地でできた藁を鋤き込み土地を育む。
忘れ去られた古い農法が新しい時代。。。

2. まこまこさんへ

忘れ去られた・・・

昔から近年までずっと続いてきたはずが、一時的効果を生むものに、取って変わられていた、

今、どの分野においてもこのことを見つめなおす必要があるのかもしれません。
非公開コメント

プロフィール

かかし

Author:かかし
農薬・肥料不使用のしあわせ米

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
88位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
業界情報
27位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム