FC2ブログ

種もみの選別

先日、うちに来てくれた

河野さん

このブログを読んで

稲作りの参考にしたとか



それならもっとわかりやすく、稲作りのことを書いてみましょうかと

しあわせ米の作り方

まとめてみようかと思いました



まず、最初は

「種もみの選別」


グレイダー付き 脱芒機 だつぼー君 で

脱芒、ひげ取りと選別を一緒に行います


いきなり、余談ですけど

これ、謎の米の選別風景


なんと、良い籾が取れるのが、半々




12.5kg、良い分ね

 

12.8kg、選別に落ちた分ね

網目は2.15mmね
 


ヒノヒカリは、4分の1くらいしか残らなかったのに

やっぱり粒が大きいだなあ、謎の米。




さて、

なぜ種もみを選別するかというと


選別をしなくても、選別から落ちた籾でもは出ます


それは、

しあわせ米は

無施肥、マット苗の育苗だからです


苗ってのは、光合成で炭水化物を作り出しますけど

忘れがちなのが

苗自身の体を維持するために

呼吸も行ってるってこと

呼吸をして養分を食べて

体を成長させるってこと


光合成からの養分と
種もみ の養分と
根から吸収する養分と

この養分 < 体の成長

体の成長・維持に養分が不足

になると

体を維持できなくなり、成長が止まり

栄養失調で枯れて行きます


そうそう、

だから徒長苗、苗を伸ばしすぎて

図体ばかり大きくすると

育苗20日過ぎるて枯れてきます


だから

無施肥のマット苗の露地栽培の育苗では

良い、胚の大きな種もみが必要なんです

それと、ずんぐりむっくりの短い苗ね

メタボじゃない
あまり、食いすぎない健全な苗ね


おしまい


・・・語りすぎかなあ

次回はまた、気の向いた時に、続きをアップします

次回は「土」・・・予定、・・・やっぱり未定

コメント

非公開コメント

プロフィール

かかし

Author:かかし
農薬・肥料不使用のしあわせ米

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
業界情報
50位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム