FC2ブログ

Agri物語



カフェ

民泊

音楽

ショップ

そして



そうなってく

ひとつながりの物語

one piece

ではなく

Agri物語



 

------------------

「Agri物語 」



 たとえば、農産地に一軒の古い空き家があったとする。



そこに一人のモードとしてとらえる事が出来た若者が住み始めた。



 



 空き家はまず、居間から少しずつ手直しする。



そこに興味を持った仲間がひとり、またひとり集まり始める。



年よりもあれこれ世話を焼き始めた。



最初はそれぞれ持ち寄った惣菜やお茶が間を持たせていた。



同じ頃、目の前の空き地を耕し始め、種を蒔いた。



 



 しばらくすると一人が台所を直し始める。



電気を通してガスを引き、土釜も活用出来るようにした。



これで手作りの料理をこさえられる。



今度はそれぞれが素材を持ち込んできた。



近所の農家も集まるようになった。



カフェの始まりである。



 



 2階が手つかずだったので、暇をみて2階に寝床を作った。



そこへ旅人が訪ねてきた。



旅人はそこが気に入った。



しばらくその居場所を寝床に、主を手伝うようになった。



旅人のネットワークから、様々な地域を経て新たな旅人が集まるようになった。



ゲストハウスの始まりである。



 



 中には音楽家もいた。



庭に小さな手作りのステージを作った。



コンサートが始まる。



村人が集まり手をたたいた。



他の地域からも人が集まり始めた。



音楽堂の始まりである。



 



 人が集まり、自作のクラフト作品を販売する仲間も現れた。



地域の産物を加工して、売るようにもなった。



定期的にバザーやマルシェが催され、多方面からの参加者も増えた。



シヨップの始まりである。



 



都心からも人が来るようになった。



都心の店々とネットワークするようになる。



気がつけばそこは、すべての要素が集合した立体的なカフェをなった。



数年後、同じように空き家に若者が移り住み始め、集落となった。



の始まりである。



 



 それから何世代目か将来、そこは新しい下北沢になるかもしれない。



しかし、こんなこと、現代の都会では決して出来やしない。



都会が失った物や事、農村地が失った物や事をお互いが補う。



 



これが、Agiri-Connectionsの物語であり未来である。

(和気優 Agiri物語より掲載)


コメント

1. めちゃくちゃいい!

ステキです。
他に言葉はありません!!

2. まーくんへ

和気さんの言葉です。
いいですよね、うちも途中まで行ってると思うので、
事務所横を床貼りしてカフェの準備を始めようと思ってます。

3. いい!

素敵ですね、コレ、理想です

4. 無題

カフェも始めるんですか。
キッズスペースもお願いします!!
どんどん広がるっていいですね~。

5. ツツコさんへ

理想ですけど実現できそうな理想です。
とりあえず床貼りからやってみます。

6. うさこmamaさんへ

少しずつ出来ることからです。
キッズスペースは・・・これ以上広げるとキッズランドになりますのでご了承下さい。(*^o^*)
非公開コメント

プロフィール

かかし

Author:かかし
農薬・肥料不使用のしあわせ米

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
122位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
業界情報
43位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム