FC2ブログ

第11回有機農業公開セミナー

先週土曜日に、臼杵市で「有機農業公開セミナー」が開催されました

 2007年から毎年開催されているのですが、初めて大分県で開催されました。

今回は、300名以上が集まり、過去最大の有機セミナーとなり、とても有意義な一日でした。



当日は、裏方だった「まる米」ですが・・・・・

一番、楽しみにしていたのは・・・・「西村 和雄 先生」の講演 

講演前に、色々なお話が出来て、とっても参考になりました 


「基礎から学ぶ有機農業の土作り」
西村和雄氏

西村先生は、京都大学の農学博士の肩書きをすて
現在は、「ぐうたら農法よろづ相談主宰」という
面白い肩書きで、有機農業を推進し、活躍されています。

西村先生は、「土作り」に対して、このような見解をもっている。


「土作り」=「土は、作れるものでない」

土は、雨と太陽そして土に生育する植物と、土の中にいる無数の生物が織り成して作り上げた
歴史的産物 だからである。
作ったのではなく、創り上げたのである。

それゆえ、「土作り」ではなくて、「育土」が正しい言い方になると断言する。

この言葉だけでも、有機農業、自然農法が何なのかを集約しているように思えます。

そんな事を常に考え、土の中の生物、その土で育つ植物、それを食べて生きる人間
すべて分け隔てなく、循環していることに重きをおいて有機農業の技術を確立していこうとしています。

現在、この日本では、有機物の取り扱いが確立されていない。

とし・・・・

その中で、更に・・・

微生物や土壌生物の生態がはっきりしていない。

分解の仕方も、菌によってさまざま。

時期や、タイミングによって被害がでる可能性も高い。

有機物の取り扱い方を確立しなければ

農産物の味や品質に大きく影響を与える。

つまり
多種多様な微生物を住まわせることが、土壌の健康を作ることになる。

微生物の修復能力が結果的に作物の安定生育につながってくる。

これが、有機物の取り扱いの技術的に必要とされていることなのである。


そうした考えで、土と真剣に向き合い、土を育む姿勢が

僕ら、宇佐本百姓との共通点である。


西村先生は、現在の日本の環境に対しても危惧されていた。。。

これまでの、誤った農業や産業が

地球の環境を破壊し、色々な命を絶滅させてきたのだと・・・

そんな話の中で、

一番グっときたのは・・・

健康に生きることと、健康に死ぬことは、その延長上にある。

つまり、健康で生きる為には、生かされていることに気づき、
それなりの努力と感謝をもって行動し、多種多様な生物と共に
環境を修復して、死ぬ直前まで、大きな循環系の中で、健康を維持する。
そういうことが・・・生物の一生なのであろう。

また、西村先生は、現在の窒素過多について
このような話をされていました。
**************************************************
日本人が肉食なのについては、危惧している。
日本の肉牛の餌は、カナダから窒素、燐酸過剰(3倍)の配合飼料を使用している。
したがって、この配合飼料を食べた牛の糞尿を堆肥にしている
周辺の畑は、ph7を越えている。
強アルカリ性なのである・・・・・・。
個人的には、6.5以上でも危ない。
このような環境下では、
カルシウム不足で、野菜が骨粗鬆症になってる。
その証拠に、その周辺の野菜は、収穫からわずか一日で
溶けるように腐っていくのである。

いくら有機でも窒素、燐酸過剰には注意が必要。
**************************************************


日本の有機農業は、運動が先で、技術があとになっているので、推進していない。

必ず、技術が先であるべき。

作物が、根をおろして、一番先に出会う微生物で
一生が決まる。(人間の免疫機能と同じ)

その事をしっかり考え、これから先の有機農業の技術を確立、推進していきたいとおっしゃってました。


僕らが今、「自然」を重視し、それを尊重することで

そこに住む生物それどれが、最適な環境で一生を終える
そんな世界を創り上げていきたい。

それが、僕ら「宇佐本百姓」の使命なんだと

改めて、実感できる素晴らしい、講演が聴けてよかったです。。。はい 

 

 

コメント

非公開コメント

プロフィール

かかし

Author:かかし
農薬・肥料不使用のしあわせ米

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
113位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
業界情報
41位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム