宮城のその後

あれ、前回更新したのが8日

そんなに前


宮城から帰って来てから何をしてたかと言うと

おおごとでした



次の日はお休みを頂いたのですが

水引さんから

たたき起こされて


「田んぼから水が抜けてる

もう、水を入れてやらんぞ!!」

ってなにごと



そもそも


大阪、宮城と留守にしている間に

田んぼがおおごと


中干しのしすぎで

稲の刃先が枯れかかってる

根が切れて、稲自体の養分補給が困難になって

稲が色落ちが甚だしい



あわてて水を入れても

ヒビが入って表面が白く乾いた田んぼには

一日掛かって水が水系毎に入るのは2~3枚


水を入れたら入れたで

排水の土の締りが悪く、排水口から漏水

それで、水引さんからこっ酷く怒られた次第です


その日は完全に休めずに

田んぼの水守りをした次の朝


「まだ漏れよら!」

った朝の6時前にたたき起こされて


また、水の見回り

「こんだけ、畔草が伸びてたら、畔歩けんぞ」

って事で畔草を急きょ刈る事に

てなことで


12日まで畔草刈り

・・・

田んぼの水の方もどうにかこうにか落ち着いて

ようやく、今朝、通常の田んぼの管理に戻った感じです


ふーーーっ

ちょっと留守にして田んぼに目が行き届かないと

こんな大変な事になるとは


あとは、中干しのダメージが軽減される事を祈るばかりです


若干、出穂が遅いような気もしますが

それが、ダメージのせいか

ひとめぼれは感温性が強く、積算温度がものを言うので

植えつけからの長雨、低温のせいか


とにかくもう見守るしかありません


しかし

気分を変えて


今年は24cmの深耕のせいか、稲の姿はとても良いんです

こちらは株間24cm



こちらは30cm


丈が低いのは無施肥の特徴

良い良い


多くの皆様に

多くのしあわせ米をお届け出来ますように



皆様も祈ってて下さい

皆様の元気をすこしづつ分けて下さい、、、

元気玉って現実にもあると思うんですよね、

悟空のようには見えないだけで、、、。





コメント

非公開コメント

プロフィール

usa100sho

Author:usa100sho
農薬・肥料不使用のしあわせ米

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
771位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
業界情報
185位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム