和気さんのトレーラー公開

和気さんのドキュメンタリーのトレーラーが公開されました

宇佐本百姓の面々もちょっと出てます。



でも、大事なものはそこではなく

震災以後

まだまだ、もがいている人は沢山いるんです



被災した方もしかり

支援する人もしかり

みんなもがいてる



選挙が終わって、一票は託したけど

自分が想像する世界に向かって

目の前の世界を変えようって、もがいて、脱して、動き出してる人がいる



農業ってのは

震災に始まらず

もうすでに壊れてるんです

理不尽な事

矛盾している事

山ほどある

補助金なければ、なんにも出来ない



しあわせ米を作ってますが

いろんなプレッシャーに押しつぶされそうになる

本気で年が越せるか不安だし

いつ死んでも良いって思いでやってます

それが正しい事なら、潰れるはずはないって希望を持って。



そんな、農業に

震災後さらに飛び込む

無一文で

どうしていいかわからない

そうですよ、こっちもわからない


行政の支援も

赤十字の支援もほとんど無い



もうなにがなんだか



みなさん、多くの方に伝えて下さい

和気さんの事

村田さんの事

一票じゃなく

一身をそこに投じている人の事を


これがうまくいけば

震災も

農業も

問題が一歩解決したって事です



他人事だけじゃなく

農業の現状は、本当に苦しいです

心が温くなるから何とか繋がってるもんです

だから、よかったらこのブログの事も伝えて下さい


そして、その食べ物が

誰が作ったのか

どんなものなのか

興味を持ってほしい



よろしくお願いします。





コメント

1. 昔の品種での栽培は??

蕎麦切り重娯です。10月に大分に移りました。
鳥取のお百姓さんが、強力米を無農薬無施肥で作っております。強力は農薬、化学肥料に適しません。
今本百姓さんは改良された品種のお米を栽培されていますが。
強力みたいに昔の品種で栽培されたらいかがでしょうか?

2. じゅうごさんへ

確かに、昔の品種というか、品種によって収量があがるものもあります。
でも、うちが目指すものは、品種による改善ではなく、周りの農家が作っている同じ品種でその慣行農家と同等もしくはそれ以上の収量を上げるのが目標です。
なぜかというと、一つは、品種は、食味や栽培しやすさなどある面では洗練されたものがあります(放射線による品種改良は例外ですが)、なので、あえてその技術を無視するような事はしたくないと思ってます。
次は、周りの農家の方が、自然栽培でしたいっていった時に、その人たちの経験がある品種でないと、初めての方のハードルが上がるって事。
最後に、冒頭でも書きましたが、収量は取りたいですが、その地域で作ってる品種と同じもので、栽培方法を比較してもらって、自然栽培が現代の農作業体系に適している、万人が取り組めるって事を証明するのが一番だと思っています。

とこんな感じです。
非公開コメント

プロフィール

usa100sho

Author:usa100sho
農薬・肥料不使用のしあわせ米

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
897位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
業界情報
218位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム