ポイ捨ては悪いのか?

トラクターで田んぼに入っていると

鳥に取り囲まれます



まじまじと鳥を見てみると



よくあんな細い足で折れないのか

カエルにバッタに蛇を丸呑みしてるけど、胃は大丈夫か

あんな小さな頭で何を考えているのか

って疑問がふつふつとわいてきます


そして、食べられてるバッタやカエルにしても

さらに小さいのに、何をかんがえてるのやら

何のために動いているのやら

ってふつふつとわいてきます


ピン!)

人間に対しては小さいけど

当人達にしたら、普通に大きいのかも

当人達にしたら、もっと小さい生き物は無数にいるって思ってるのかも

当人達にしたら、凄く重要な使命を持って生きてるのかも


(ピン!)

地球を一つの家電として考えたら

ウチらも、鳥も、カエルも、メカニカルに働いて

地球を動かしているのかも


だとしたら、このメカニズムはマクロからミクロまで凄い精巧で

凄い神秘的だとまざまざと見せつけられます


そして、例えば窒素固定、窒素を微生物はアンモニアに合成しますが

同じような事を化学的にすれば、プラントが必要で高温・高圧の条件を準備しないといけない



さて、主題の話ですが、

実は私、焼却炉のプラントのシステム開発を行った事があるのですが、

ダイオキシン抑制の為に、800度以上の高温で燃やさないと行けません


そのためには、生ゴミは燃えにくいので、

熟練のクレーン作業員は、ホッパの中で、

生ゴミと紙やプラスチックを分けてして積み上げいます

そして、
炉内の温度低いと、燃えやすいものを投入し、

温度が上がりすぎると、生ゴミを投入します

それで、温度が足りないときは、バーナーでゴミを燃やすんです

だから、本当は、ゴミを分別して、焼却炉に、紙やプラスチックが来ないと

その分の燃料が必要になってきます。

だから、プラスチックをゴミに出す事も必要


それだけ、ゴミを処理するにはエネルギーが必要なわけです



それに比べて

土の上にある、紙や生ゴミは

気付くとなくなってる



実は私、高校生くらいから、絶対ポイ捨てはしないと決めているのですが、

それを見ると

自然の処理能力っていうのは、かなり凄いものがあって

「おいおい、本当にポイ捨ては悪いのか


またまた、極論ですが

ゴミを焼却炉に燃やすよりも、土の上に置いた方が良いんじゃないか

ってトラクタに乗りながら思ったわけです


でもこれには土が必要で、コンクリートではダメで

そして、プラスチックも土は石油と見なすようでダメ



様々な生活に必要なインフラはありますが、

一つにまとめる事も必要ですが

自然に即して分担する事も必要なのでは


あくまで、トラクターに乗りながらの妄想ですので、聞き流して下さい

コメントはなしでお願いします。




コメント

非公開コメント

プロフィール

usa100sho

Author:usa100sho
農薬・肥料不使用のしあわせ米

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
955位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
業界情報
231位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム