農家食堂「つうだらだった」

このブログではよく紹介する

下郷農協のある

下郷の中島さん

またまた、凄い、面白い事を始めてます


その名も つうだらだった農家食堂



かつては牛舎だった納屋をの2階を改築して

農家食堂を始めました

完全予約制で

日曜と月曜が定休日

店内は、木工を行っている中島さんの手作りの設え




メニューは、田舎のひるごはん

一品のみ


こんな感じ


田舎ではよく食べていた

めずらしくない内容



えっ

そういえば、こんな料理、今となっては

ほとんど食べる機会がなくなってます


なんでもないものが、なんでもなくなってる

意外な事実を発見です


中央のフライも麩のフライですからね


しかも、面白いのが

地元のご年配の方には300円で

その他の人は500円

地元じゃない人は1000円

にしようかと言ってました


その意図は、地元の方のデイケアも兼ねる

食事の準備が大変は方にはここで食事を提供する

地域全部が地域の方を介護する施設

働ける内は農作業にせいを出し

介助が必要な方は

このようなところでみんなで手助けをする


そうすれば、現在主流の介護施設なんて必要なくなります


素晴らしい活動です


いやいや、また中島さんには教えられました

自分の地域でならえるところはならっていこうと思いました

食事を含め

同行した大分合同新聞の佐々木さんと

2時間くらい談笑してきました


あああああっ

楽しすぎて、話に夢中になりすぎて

お金払うのを忘れた

まさかの食い逃げ


中島さんごめんなさい、今度会った時に払います


コメント

非公開コメント

プロフィール

usa100sho

Author:usa100sho
農薬・肥料不使用のしあわせ米

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
771位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
業界情報
185位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム