しあわせ米の栽培について、その1

今年一年

2月に第二子が生まれた事により

公私ともにいろいろと気付かされる事がありました


しあわせ米の栽培についても

ずいぶん考え方が変わりました

それを、ここ数日、しあわせ米の栽培についてという題で

それをすこしづつ紹介していきます


なぜ無施肥、農薬不使用なのか

なぜそれでお米が出来るのか

土作りとは

ここ一年で本当に一つの答えに行き着いたような気がするので

紹介していこうと思います


まず、どこからいきましょうか?


概念的な事よりまず

最近の一番の大発見からにします



今年も稲刈が終わり、

一段落なのですが、

間髪入れずに田んぼに向かいました

それはその大発見を実行するため

それの発見は「田んぼには、藁は入れるな!入れるなら細かく切れ!」って事


自然栽培の実施者なら、何を今更

慣行栽培の実施者なら、何をバカな事を

って言うと思います


説明していきます


今年は、穂が出るのが10日ほど遅れるなど、

稲にとっても過酷な一年でした、

が、

終わって見ればそれほど影響があった訳ではなく

平均的には例年並みかちょっと悪い位

田んぼ一枚一枚みれば、良いところは良い、悪いところは一段と悪い

という結果です


なぜ良かったのか

平均的には、なぜここ数年芳しくなにのか

その原因を考えてみると

まずこれ

平成19年から収穫量と反収も年々増えて来て

平成23年には反収7俵に届き、平均でも6俵近くになっていました

その原因は深耕のせいだと

随分と講演会でも発表してきました

それから年々、耕す深さを深くしていきました

しかし、24年からは低迷を続けていて

中干しをしたせいだと結論づけていました

確かに、それもある

でも、もっと結果に効く原因があるはず


さらに

今年の結果

一人の契約農家の反収が凄く良かった


さて?その原因は

その生産者は、藁を全部出していました

平成23年までは藁を細かく切っていました

そこです


なので、これ





稲刈り後、そくざにモアで藁を裁断してきました

実際は、モアでの裁断はパワー不足でちょっと厳しいので

来年はストローチョッパーを導入しようかと検討中です



自然栽培の方なら、何をいまさらと、そんな事は分かっている事と


でも、実際、9haの藁を全部持ち出すのはロールにして牧場に渡すしかない

それは自分では出来ない

裁断するのはモアではちょっとキツイ

23年までやったけど、代わりに深耕の前に浅く耕し藁と土を混和すれば良いだろうと

効率化良くやろうと思ってました



慣行栽培の方なら、何をバカな事を

ただでさえ籾で田んぼから持ち出しているのに、更に藁まで持ち出すと

田んぼの中の窒素分が略奪される一方で、枯渇してしまうと


木村さんも言ってました「稲株だけでも、十分に窒素分はある」

本当はもっと深いところがある

片野学先生は言ってました「それはウルトラC」だと

その詳細は、後日詳しく書いて行こうと思いますが


ようは未分解の藁を田んぼに混ぜるのは良くない

根張りの邪魔になるし、

ガスわきの原因にもなる


自然界は相似の関係にあって

田んぼも人の体も同じ

人は食べ物を噛んで消化するように

藁は本来、昆虫やセンチュウなどによって噛み砕かれて

微生物によって消化されるもの

いきなり飲み込んではいけないって事


結果が出るのは、来年の今頃になりますが

反収が1俵くらいは変わってくるのではないかと思っています


今日のまとめ

冒頭の問いかけについて

人も田んぼも、自然は「相似」

同じ様相を呈している

田んぼで分からなければ人を見れば良いし

人で分からなければ田んぼを見れば良いし

自然をよく見ればそこに答えははじめからあるって事だと思います


気付くのに時間の掛かりすぎです、反省です


長くなりましたが、一年間でそれらの思いついた事を

少しづつ書いて行こうと思います

では、また来週明日 




コメント

1. 無題

子育ておつかれさまです。。。
うちは娘一人でもアップアップの状態です(笑)

結論は、画期的なことのなかにあるのではなく、
当たり前のことのなかにあるということ。
そして、人も自然も共通であること。
しあわせ米の栽培も一緒なんですね。

でもそれを伝えることが難しい。
周りは画期的な結論を求めているから。

わたしもブログでは、当たり前のことを書くように
心がけていますが、
当たり前のことを書いた記事ほどPVが少ないような???

例を示したり、複雑に見えることを整理して伝えたり、
相手が気づくまで、視点を変えながら何度でも繰り返す。
それしかないようですねぇ。。。

2. Re:無題

お久しぶりです。突然の再開のため、もう読者はいないかなあっと思っていたところに、コメントを頂き嬉しく思っています、ありがとうございます。

結論は当たり前ですが、考え方はあまりにも画期的なため、この一年ブログに書くのを躊躇していました。

でも、伝えて行かなければならない事もあるんじゃないかと、伝わらなくてもいいんじゃないかと、今なら読者も少なくていいんじゃないかと(笑)思って、書くことにしました。

この連載にお付き合い下さい。
非公開コメント

プロフィール

usa100sho

Author:usa100sho
農薬・肥料不使用のしあわせ米

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
475位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
業界情報
126位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム