しあわせ米の栽培について、その4

今日はまた突拍子もない話


木村秋則さんが宇佐本百姓に来てくれましたが

木村さんといえばUFOの話が付きものですが

UFOなんて突拍子もない


はたまた、自分もかなり零媒体質なところがあり、

よく助手席に見えない女性を乗せて走ったり、

それでいて肝試しが好きで、熊本の田原坂に面白半分で行って

2~3日寝込む事もあったり、

なんせ大学の場所が西南戦争の古戦場後だったので大変でした


でも、不思議な事に、子供の時から必ず霊が見える知り合いがそばに居てくれて

助けて頂いてました


その知り合いも同じ人ではなく、その時代によって叔母さんだったり、

友人だったり、バイトの先輩だったり、友人の紹介で出会ったり、様々です


でも、見えるといっても、目をつぶっても見えるらしく、

目で見るというより、頭に映像が浮かぶって事みたいです

その方々曰わく
街を歩いていても、実際の人間の数よりもそちらの方の方が沢山いるようです


なにも天国地獄は遠いお空の向こうにあるのではなく、地上に重なってあるようです

もしかしたら、イヤシロチ(パワースポット)やケガレ地がそれかもしれません


でも、もっと突拍子もない話が

この生物、米を入れると、それだけで何日も動くんです

米を糖に分解して、糖をエネルギーに変える装置をもってるみたいです

さらに、白い牛乳をいれると赤い血が出てくるんです


まだあります、コイルに磁石を通すだけで、なにもない空間から電気が起こるんです!

しかも、電気の流れは2乗すると-1となる虚数で計算出来るんです

そして、この電気の居場所は、シュレディンガーの猫しか知らないそうです


頭を空っぽにして考えると

不安定なウランが分解してエネルギーが発生するより

安定的な米からエネルギーを作る方が不思議だし


なにもない、絵にもかけない空間から電気を取り出し

その電子は実は測定すらできない


これらの方がよっぽど非科学的なように感じます


知り合いがあるって言うものを、非科学的だからないって言うのはおかしいし

知り合いでなくても誰かが体験した事象は、

ないと否定するより、あると肯定して見識を広げる方が早く真理に近づける気がします


さて、そうやって田んぼをみてみると

実際、土作りと口にするんですが、本当は土は人間が作れるものではなく

微生物一つすら作る事はできない

稲も、動けないからって人間より下等かというと

実は、人間より多くのものを見て、感じてるかもしれない


今まで稲作を教えて頂いた先生方は、決まって精神論に落ち着きます

片野学教授はそれを「ウルトラC」だと教えてくれた

植物に声をかけるとかクラッシックを聴かせるとか、そんな事です


土に何かを入れたら良く出来た、

見た目は良く出来てるかもしれないけど

味やエネルギーや見えないなにかが代償となってないか

それはわからない


だからといって、人が為す術はないと両手を挙げるのも違う話で

よく見て、見えないところもよく見て

心をこめて今できる事に尽力する


その結果、なにが良くてなにが悪かったかなんて、

人知の及ぶところではないので、その結果を良しとする






なにが言いたかったかというと

科学的にどうかと言うことは

自然に取っては、微々たるもので、

逆に分からない事の方が多いくらいで

むしろ精神論的な事の方が将来の科学かも知れないくらいで

だからと言って精神論だけ振りかざすのも本当ではなく

人為を尽くして

自然をよく観察して、見えないところまで感じて

そうすれば、その結果がどうであれ

自分も他人も満足出来る

って事です


うん、おあとがよろしいようなので、お休みなさい







コメント

非公開コメント

プロフィール

usa100sho

Author:usa100sho
農薬・肥料不使用のしあわせ米

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
897位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
業界情報
218位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム