「こんな作業体系はここだけですよ。」

ロータリーいわゆる耕耘機は

全く使いません

田んぼを耕すのは
鋤き(すき)である
プラウとスタブルカルチ

blog_import_570734123ae73.jpg 

そして

耕した後に均平を出すためにレーザーレベラーで整地をして

IMG_0769.jpg 

そしてバーチカルハローで表面を耕します

IMG_0824.jpg 


それで、作業しながらも色々と疑問点が出てくるので

クボタに質問をするのですが

「こんな作業体系は宇佐本百姓さんだけなんで、なのでわからないです。」

全国でみたら慣行農法ではこういう体系の方は山ほどいます

でも、有機や自然栽培では、ほぼいないと思います

だから有機特有の内容はほぼ皆無


でも、地域の高齢者に聞くと

昔は牛馬で鋤きなんです

耕耘機が肥料と農薬と共に誕生したんです

ロータリーの方が新型です


それで、意味がわかってくるほど、なんでロータリーを使うのかわからなくなってきて

こういう体系になってしまったんです


別に機械が好きな訳ではなく

最初からこういう体系が正解ですと教えて頂けたらそれに従っていけるのですが

なにせ正解を誰も知らない


でも、今なら近い答えはあります

小さい農家でも小型のプラウとバーチカルハローだと思います

鋤の方が草は入るし土も練らない


でも、ロータリー至上主義の現在の農業体系には

なかなか理解してもらえない


トラクターを買ったらロータリーもセットが普通です

本当は作業機を買ったらそれにあうトラクターを買うだと思います



今日の内容は、でも、でも、でも、でしたが

でも今の体制や体系を一旦白紙に戻して

慣習を捨て

再構築する方が話が早いと思います


でも、これは有機や自然栽培の仲間にも、近しいものにもほぼ理解してもらえない事です

でも、結果が出るまでやるしかない


最後まで、でも、でした

でもデモだなこれは、

おあとがよろしいようで。











コメント

非公開コメント

プロフィール

usa100sho

Author:usa100sho
農薬・肥料不使用のしあわせ米

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
897位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
業界情報
218位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム