FC2ブログ

まる米のひとりごと第7話・・・

ど~もラブラブまる米ですチョキ


またまた、真面目なお話ですにひひ



今日のテーマは、農業における環境汚染です得意げ


一般的な認識では、農薬による土壌汚染が真っ先に思い浮かぶと思いますビックリマーク


そうした背景もあり、近年、低農薬/減農薬に切り替わってきていますラブラブ!

(食の安全性に消費者が関心を持ってきてくれたおかげでもあります)



実は、これよりも深刻な問題があります目


それが、硝酸態窒素です叫び


硝酸態窒素とは、硝酸イオンのように酸化窒素の形で

存在する窒素のことをいい、窒素肥料などが酸化して作られます。

1945年、アメリカで飲料水中の硝酸塩がメトヘモグロビン血症の原因になる

という報告が出されたましたが、当時、日本ではそれに注目する者は皆無でした。

血液中に硝酸塩が入ると、ヘモグロビンがメトヘモグロビンに変化、

酸素と炭酸ガスの交換ができなくなる。これが、メトヘモグロビン血症なんです。

症状としては、頭痛,めまい,呼吸困難,意識障害などがあります。


日本では、1980年代に顕在化してきた問題なのです。

この硝酸態窒素は、活性炭 、煮沸、沈殿ろ過などでは取り除けない

非常に厄介な物質である為防御策としては汚染させないようにするしかありません。


日本各地で進んでいる硝酸態窒素汚染は、地下水にも及び、

その原因として「農業」が筆頭にあげられてしまっています。


例えば・・・

茶畑の土壌は、粗粒状で水はけが良く、空気が入りやすい。

そのため肥料は流出しやすく、多量の施肥が必要になる。

また土壌中に酸素があるので、肥料に多いアンモニアイオンが酸化されて、

亜硝酸、硝酸になる。 こうして、茶畑地下水の硝酸態窒素汚染が発生する。

これは、ミカン畑や果実などの温室栽培などでも一緒です。

(極力使用料を少なくする努力は皆さんしてはいますがね)


しかし、水田などでは、泥の中が酸素のない還元状態なので、

アンモニアイオンの酸化は起こりません。

茶畑があっても周囲に水田があれば、硝酸態窒素汚染が防げるのです。

(ただし、畜産から出た糞尿をそのまま水田に投入することが無ければですが)


まあ、一概には言えないのですが・・・・


日本の田舎の風景である「水田」 ラブラブ!


この風景が無くなっていくという事は、明日の環境が守れなくなる!!


と言っても過言ではなさそうです得意げ



農業従事者としては、この水田をしっかりと守り


農薬、肥料を出来るだけ使わない (僕らはまったく使っていませんがねラブラブ!


そんな、農業を日本全国に拡大出来ればと思っていますドキドキ



あくまで、まる米の独り言なので・・・・・・ご了承くださいねラブラブ!




ペタしてね


コメント

1. 無題

土壌汚染深刻ですよね!昔ダイオキシンが問題になった時地元の○沢が取り上げられました!土の中にいるダイオキシンを退治してくれたのは『ミミズ』でした!その後微生物が増えダイオキシンで汚染された土壌は徐々に基準値までになっていったそうです!虫は嫌いですが虫サン達の役割があるから虫サンも生きてる!虫が住めない土からできた食物!虫が食べない食物がはたして体にいいのかな?何日か前にもいもち病にならないお米の開発が発表されました!このお米は農薬も肥料も減らせて有機栽培に適していると報道されてました!しかし これって………。と思いました!人それぞれ考えたか違いますがね!

2. おはようございます

自然破壊を繰り返してきた私たち人間に、大きな責任がありますよね。
これからの課題でもあり、地球全体で環境のことに関心を持って考えていかなければならないと思います!!

3. おはようございます。

勉強になります。
m(_ _)m
先ずはそのような事実を知る事が出来て良かったと思いました。

4. ともたんさんへ

真剣な!ぷぷ!コメント有難うございます。

確かに、土壌汚染は恐ろしいです。
人間が、楽になる事と自然環境の破壊は反比例の関係になっているのが現状です。これからの大きな課題だと思っています。

また、ご指摘の様な(対いもち病)新種の開発が進んでいるのも確かです。善し悪しは、本当によく吟味するべきだと考えます。
ただし、遺伝子組み換えは、倫理的な問題ととらえたほうがいいと思います。自然の摂理とは反するのですが、実際には然程怖いものではなさそうです。組み換えの範囲は1%程度で染色体の性質が判明しているものだけを組み替えているようですので・・・。それより怖いのは、掛けあわせによる特殊変異を新種として開発していることだと思います。これは、遺伝子の大半が解明できてない種を正当化し、新種として作り上げているからです。この辺の話は、別の機会に説明したいと思いますので、よろしくお願いします。

5. かおりんさんへ

いつもコメント有難うございます。

地球環境や食の安全に関しては、まだまだ理解していない事が多くあると思います。
テレビや新聞に書かれている事が本当なのかどうか?という疑問から勉強していくと・・・・。
いろいろな事が見えてきます。
一人では、なかなか大きな事はできないですが、先ずは身近なところから、「愛」を持って取り組みましょう。

6. ジョーさんへ

偏見ではないのですが、私たち生産者、消費者共に、まだまだ知らない事がたくさんあります。
特に、日本の様な利権に振り回されるような国では自分自身がしっかり判断出来るようにならなければいけないと思います。
事が起きてからでは、遅すぎる・・・・
こんな事件/事故の事例を何回経験すれば、日本人は理解するのでしょうか??
取り返しがつかないことになる前に・・・・ですね!

7. ちょっとムズカシーな?

土の事本当に詳しいですねー

わたくしも今深刻な問題を抱えています・・・

家の回りの雑草がむしってもムシッても生えてきます。

どうしたら良いのでしょうか?。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

8. 草むしり健タ郎!さんへ

庭限定なら!

バークチップを敷き詰めるっていう手はあります。バークチップとは、樹皮のことなんですが、これを敷き詰めると、日が当らなくなり雑草は生えにくくなります。また、環境への影響も少ない為有効だと思いますよ!
ちょっと、お洒落な感じの庭にもなりますねでね!芝生を敷き詰めるよりいいと思います!

9. 土壌を育てるために

日々並々ならぬ努力をされていると思われます。私は、家庭菜園程度の経験しかありませんが、作物を育てる為の土壌を育てなければならない事、身を持って実感した次第です。ですから“食の安全性”は良い土壌から、それは作物を育てたものでなければ分からないと思います。

10. 生雲丹愚連隊さんへ

いつもいつも、有難うございます。

まさしく、言われる通りです。人間はやはり何事も経験をしなければ、理解ができない・・・・。
そんな、世の中になってしまったようです。
いくら理解したからと言って、自分が行動できるかは疑問ですが、まずは知る事の大切さを分かってもらいたいものです。
共に、次の世代の為にがんばりましょう!!
非公開コメント

プロフィール

かかし

Author:かかし
農薬・肥料不使用のしあわせ米

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
業界情報
42位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム