FC2ブログ

有機農産物について知っとこう①

有機農産物について


現在、有機農産物って、結構メジャーになって来た昨今ですがあせる

本当に、正しく理解しているのでしょうかはてなマーク

有機農産物って安心なのはてなマーク

JASマークってなにはてなマーク    と、良く質問がありますので

今日から、少しずつ・・・・・有機農産物についてお勉強していきましょう音譜




・有機農産物の定義



1992年に農林水産省によって


「有機農産物及び特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」が制定され、


「化学的に合成された肥料及び農薬を避けることを基本として、


播種または植付け前2年以上(多年生作物にあっては最初の収穫前3年前)の間、


堆肥等による土づくりを行ったほ場において生産された農産物」と定義されました。



その後、日本農林規格(JAS)により


農産物について有機農産物またはそれに類似した表示をするためには、


農林水産省の登録を受けた第三者機関(登録認証機関)の認証による


有機JASの格付け審査に合格することが必要となりました。


これにより、有機農産物、また有機農産物を加工して作られた食品の名称


(有機○○、オーガニック○○)の表示は、


「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律(JAS法)」の適用を受け、


認証先を記した「有機JASマーク」の表示が必要となり、


違反した場合には罰則を受けることになりました。


しかし、この規格は広告等に「有機栽培」「無農薬」といった表記をすることを


制限するものではないため、生産者や業者がホームページやパンフレットで


「有機栽培」として販売していても


(それが虚偽表示で無い限り)問題とされない状況にあるのです。


そのため、認証を受けていない生産者や団体はそれぞれ


独自の規格を設けるなどして安全性・妥当性を持たせる場合が見られるのですが、


有機JAS規格のように第三者機関が関与し


公的に認めたものではないことを十分認識する必要があります。


実際、化成肥料を用いて栽培したため農林水産省から改善命令が


出されたケースもあります。




この様に、一概に有機農産物ですよビックリマークって言っても


有機JAS規格の認定を受け、JASマークを付加した販売物

ただ、広告等で有機農産物と唱っているものも2種類があることを認識して下さい。



さて今回は、有機農産物の定義とそれに付随した販売、

広告について勉強しましたが

次回は、有機JAS規格に認定された(JASマーク付き)が

本当に安心なのかを検証していきたいと思います。



ペタしてね



コメント

1. ひさびさです

そういうことでは、タマゴも大変です。また、地野菜販売?も一時期に比べて「激化」急落にて。。。農業が「もてはやされるのか?」と思ったら「一転」ともなりかねないですね。個人的な意見としては「肩書きにこだわる」人が増えてしまったから「訳がわからなく」なるのであり、食べ物は。。。「これこれ」「こうだ!」というモノではなく。「いいものは」そこにあっても「いいもの」の姿をしているんですよね。その部分を鍛えるようになんで。。。世の中は仕向けないのか?まったくもって不思議です。肩書き販売はまだ続くと思いますが「ちょっとした傷が命取り」ですからね。まさに怖い世界です。あまり書いていると「だんだん」過激になってしまうので。。。これにて。(笑い)。。。最近、なんか「ちがうな。。。」という感覚が強くなっているのが不思議です。

2. ふるかわくんへ

確かにそうです!!
食への関心は、少しずつ深まってると思います。

ただ、なんだかんだとストーリーを語ったとしても、肝心なのは、それを実証できる味が重要だと思います。食べ物は、嘘をつきませんからね。
この点は、うちも十分に気を付けて、アピールしていきたいと思っています。

今後も、何かとご指導ください!師匠!

非公開コメント

プロフィール

かかし

Author:かかし
農薬・肥料不使用のしあわせ米

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
業界情報
36位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム