FC2ブログ

有機農産物について知っとこう③

究極の有機農産物とは・・・


有機農産物といっても、ピンからキリまであるのは音譜

理解していただけたでしょうかはてなマーク

やはり、有機農産物をつくる上で、一番肝心なのは目

土作りなのですニコニコ
有機農業界では一般的に、土作りには堆肥を使いますあせる

当然、化学物質、化学肥料を使わずに、堆肥で土を作るのですが得意げ


この堆肥・・・・叫び


実は、ここにも落とし穴があるのです叫び


堆肥にもいろいろあって、十分注意する必要があるのは


畜産堆肥や充分に完熟してない堆肥なのです


①硝酸態窒素の問題・・・


堆肥を使用することにより、土壌の硝酸態窒素が過剰になる場合もあります。


この土壌でとれる農作物についても同じで


いくら無農薬でも、作物に硝酸態窒素が多いと、人に害になりかねません。


(ヘモグロビン血症、発ガン性物質の生成。化学肥料、有機肥料を問わず発生する可能性あり)


また以前、有機肥料の原料の質が問題になったことも・・・


化学物質過敏症では、無農薬でも病状が悪化する場合があった為、


市販の有機肥料を調べてみると肉骨粉が多く使われていたことがありました。


(ヨーロッパで狂牛病が発生したときの肉骨粉の多くが日本へ肥料という形で輸入されていた)


特に未熟な畜産堆肥は不安です。


牛や鶏、豚などの持つ病原菌をまき散らす事となります。



②環境汚染


堆肥・肥料過多(長年施用)によって、余剰窒素の地下水汚染、河川の富栄養化。


(化学肥料はもちろん、有機肥料も多すぎては問題になること)


自然生態系への影響・・・帰化植物、外来天敵昆虫などによる。



懸念要因を纏めると


窒素過剰・・・硝酸態窒素の過剰蓄積を生みやすい。


薬害と耐性菌・・・飼育時の抗生物質・ホルモン剤などの残留。


塩分蓄積・・・糞尿中の塩分。過剰になれば、砂漠化と同じことに。


外来雑草種子による地域生態系の破壊・・・輸入飼料の中にある。



この様に、いくら有機肥料の堆肥だからと言って


過剰に与え過ぎては、かえって土壌を悪くしてしまう可能性があり、


完全に完熟させずに使うと、病原菌をばらまく可能性さえあるのです。



それに対し、野山の腐葉土などの天然堆肥については、


大いに利用すべきで、自然栽培への切り替え時には


重宝するべきと考えます。



なぜなら・・・・

野山に咲く、木々や雑草を見てみてください。


全く、農薬や肥料などを使わずに、立派に育っている・・・


毎年、同じように鮮やかで、綺麗な花を咲かせているのです。


この状況を圃場や畑に再現することが、


究極の有機農業「自然栽培」だと思います。



農産物も、人間の身体と同じなのです。


いくら、栄養価が高くても、過剰に与えては、悪影響にもなり得ます。


丈夫な体作りは、自然に身を任せ、自然に沿って生きる。


これが基本だと思いませんか。



僕ら、「宇佐本百姓」は・・・究極の有機農業「自然栽培」


自然界の生態系を圃場に再現していくことを理想に


これからも、頑張っていきたいと考えていますので、


応援宜しくお願い致します。



ペタしてね

コメント

1. 無題

こんにちは。初めて投稿させて頂きます。

私も自家消費がメインですが猫の額ほどの田んぼでお米を作っています。
そんな狭い田んぼでも無農薬や有機肥料はとても考えられない位ですし、ましてや自然栽培(こめ夫さんのリンク先から拝見しました)となるとトライされている農家の方には完全脱帽です。

でも本業の方のお話は大変参考になります。これからもいろいろ勉強させて下さいね。よろしくお願いします。m(_ _ )m

2. ヒロ爺さんへ

コメントありがとうございます。

偉そうなこと・・・・書いてしまってすいません。
でも、理想は自分で作って自分で食べる!
ってことなんですよ。
本来、土が持つ力を発揮すれば・・・
肥料などは必要ないと確信しています。

いかに、自然に向き合い、自然の摂理を把握するかにかかっていると思います。

是非、自家消費の農業を継続してください。
作物本来の味を知ってしまえば・・・
自然栽培は、やめられなくなっちゃいますけどね(笑)
非公開コメント

プロフィール

かかし

Author:かかし
農薬・肥料不使用のしあわせ米

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
業界情報
52位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム